少年野球・学童野球~野球経験のないお父さんができること。お父さんの役割をぷーちゃんが伝授

野球

こんにちはぷーちゃんです。

子供が野球を始めるにあたり、心配事として

  • チームや子供たちに自分が何ができるか
  • どういうことをやっていけばよいか
  • そもそもチームの役に立つのか
  • 子供に野球のことを聞かれたらどうしよう

と野球経験の無いお父さんは、

いろいろ不安に思うのではないでしょうか。

そんな時、お父さんの役割やできることを

ぷーちゃんの経験からお伝えしていきたいと思います。

この記事を読めば疑問が解決できると思いますよ。

スポンサードリンク

 

野球経験のないお父さんができること

 

まず大切なことは、出来ることをするということです。

当たり前のことですね。

出来ないことを頑張ってやることも大切ですが、

それよりもできること得意なことをやってみましょう。

そのほうが長続きしますし、楽しんでできると思います。

まずは、野球の練習日が休みの場合は、

子供と一緒に練習に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

練習の時にできること

 

練習の時にできることとして練習の手伝いがあります。

練習の手伝いを行うにあたり、注意点が一つあります。

あくまで練習は、監督・コーチの方針が第一です。

野球経験があるお父さんにありがちなことで、

コーチ以上に指導している父さんを見かけますが、

ぷーちゃんは、あまりお勧めしません

監督やコーチから頼まれている場合は別ですが、

あまり口出しせずに、あくまでフォローや手伝いを心がけましょう。

 

野球ができるお父さんは、練習の手伝い

(バッティングピッチャーやノック)をしていると思います。

野球経験のないお父さんは、はじめはそこに入っていくのは難しいと思いますが、

まずはどんな練習をしているか観察することから始めましょう。

トスバッティングのトスやボール拾いなんかは比較的すぐにできると思います。

トスバッティングとは、斜め横から下からボールをトスし、

ネットに向かって打つ練習のことです。

出来そうな練習の手伝いからやってみることをお勧めします。

わからないことは、他のお父さんに聞いていけば良いと思います。

野球以外のスポーツをやっていたお父さんなら、

練習前のウォーミングアップの方法や体の使い方など

教えることができると思います。

また、練習の写真やビデオ撮影が得意なお父さんは、

記録係として写真やビデオをとっておくと練習に

来れない保護者に喜ばれます。

普段の何気ない練習姿も試合とは違って良い思い出になります。

特に卒団時の写真やビデオを作成するときにはすごく重宝されること間違いなし。

積極的に記録係をやりましょう。

DIYが得意なお父さんは、グラウンド整備のトンボや

ベンチなんかを作ってくれる方もいました。

野球以外にも手伝えることもありますので、

他の保護者とコミュニケーションをとって

何が必要とされているのか。

何が自分に協力できるのか

考えて行動すれば大丈夫です。

スポンサードリンク

 

試合の時にできること

 

試合の時に必要とされることは、送迎の車出しと審判です。

野球経験のないお父さんが

いきなり審判をするのは難しいと思います。

まずは練習試合で経験を積んでいけば

大会の塁審くらいはできるようになっていきます。

ぷーちゃんのチームでも野球経験のないお父さんが

審判をやってくれていました。

無理にはやる必要はないと思いますが、

やってみると結構面白いのでハマる方もいます。

 

地元の大きな大会の場合は、

駐車場整理や開会式の準備、

グラウンド準備なども、

お父さんの役割としてあります。

この辺りは人手が必要なので協力できるときは、

できるだけ協力しましょう。

また、練習の時と同様、

真やビデオが得意な方は自分のお子さんだけでなく、

チームみんなの分も撮影しましょう。

ぷーちゃんは写真撮影と審判を主にやっていました。

 

家でできること 

次に家でできることは、子供の練習に付き合うことです。

家での自主練習はうまくなるためには必須です。

素振りやトスバッティングなど練習に付き合ってあげましょう。

技術的なことは教えなくても見ているだけで子供にとって励みになります。

時間があるときは付き合ってあげましょう。

あまりやりすぎるとオーバーワークになります。

監督やコーチと相談し、練習内容を考えましょう。

ぷーちゃんは早起きして朝練に付き合っていました。

バッティング練習を中心に行っていました。

また、洗濯や弁当の準備などもお母さんだけに任せるのではなく、お父さんもやりましょう。

ぷーちゃんは、洗濯やお弁当の用意はしていました。

洗濯など子供自身が自分でできるようにしていきましょう。

まとめ

今回は、野球経験がないお父さんができることをぷーちゃんの経験からお伝えしていました。

 

・できること、得意なことをやることが大事
・写真・ビデオ撮影など野球以外にも手伝えることがある

 

仕事が休みの日には、子供と一緒に練習に行ってみましょう。

そして一緒に野球を楽しみましょう。

野球
ぷーちゃんをフォローする
Poohchan’S Park

コメント

タイトルとURLをコピーしました