村上塁(ハドソン靴店)のお店の場所や靴修理の値段は?依頼方法やオーダーメイドも【情熱大陸】

テレビ番組

こんにちはぷーちゃんです。

今回は、2021年4月25日放送の

【情熱大陸】【大切な靴を直してみませんか? 思い出に光を灯す修理の世界】

と題して横浜最古参の靴店ともいわれる

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんが登場します。

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんのお店の場所は?

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんの靴修理の値段は?

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんの靴修理の依頼方法は?

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんのオーダーメイド靴はあるの?

など気になったことを調べていきたいと思います。

 

村上塁さんのプロフィールについては

こちらの記事

 

スポンサードリンク




 

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんのお店の場所は?

村上塁さんのお店の場所はどこにあるのでしょうか

「ハドソン靴店」

ハドソン靴店
住所〒221-0841 横浜市神奈川区松本町3-26-3
電話045-294-3162
営業日月.木.金.土.日.祝
営業時間10:00-20:00
LINE公式アカウントID@hudsonkutsuten

伝統的な技法で糸一本釘一本に
拘り職人の意匠を持って
靴底を交換させていただいてます。

「ハドソン靴店」の名前の由来は、

ハンドソーン(手縫い)からきているそうです。

店主の村上さんもわからないそうですが

多分とのこと

おそらく先代の時代はハンドソーンを訛って

ハドソンと発音してたのではないかと思います。

 

そういえばぷーちゃんの周りにも

『ボルト』と『ナット』の

『ボルト』のことを『ボート』といっている

おじちゃんがいましたね。

スポンサードリンク




「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんの靴修理の値段は?

「ハドソン靴店」の修理の値段はいくらなのでしょうか

日本で一番高い靴の修理屋さん

自分で言っているくらいですから

一般の修理屋さんよりお値段は高いと思われます。

修理の工程の多くは手仕事で行われるため

高くなるのは仕方がありませんね。

 

テレビで作業状況を見たことがありますが

カビをとったり、ひもを一から作ったり

元の穴を活かすため手縫いで縫ったり

模様などもオリジナルと同じようにつけたりと

かなり手間暇かけて修理してくれます。

ホームページでは具体的な値段の記載はありませんでした。

修理価格は受付時に見積もりをするそうです。

価格は予定より高めに見積もるそうで

オールソールで約¥40,000〜、

ハンドソーンのオールソールは

約¥80,000〜が目安だそうです。

 

スポンサードリンク




「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんの靴修理の依頼方法は?

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんへの

靴修理の依頼方法はどのように行うのでしょうか?

公式ホームページによると

より理想の靴へと仕上げられるよう
当工房は予約制にさせていただいてます。

お手数おかけいたしますが
ご予約の上ご来店、またはご郵送いただきますよう
何卒、よろしくお願い申し上げます。

予約が必要だそうです。

予約の理由は、持主と村上さんとで

仕上がりのイメージを「共有」することが大切と考えているそうで

そのカウンセリングに時間をかけるためだとか。

最初の打ち合わせに2時間かけることもあるそうです。

 

ぷーちゃんも『マスターシューフィッター』のいる

靴屋さんで靴を買ったことがありますが

足の測定から何やらでいつも2時間から半日かけて

靴を買っていました。

足は第2の心臓と言われており、足に合う靴を履かないと

体の不調が出ると言っていましたね。

 

予約方法は

・電話
・LINE
で行うことが可能です。
持ち込みは予約後
・来店
・郵送
することができます

ご郵送時の注意事項

  1. 必ず箱に入れてご郵送ください。
  2. お名前は漢字フルネームとフリガナをお願いします。
  3. 雨の日など、住所欄が滲んで送り先が分からなくなってしまうことがありますので、ご住所と携帯の電話番号を記載したものを箱の中にお入れください。
  4. ご希望の修理内容を簡単に書いたメモ書きをお願いします。

 

スポンサードリンク

 

 

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さんのオーダーメイド靴はあるの?

「ハドソン靴店」は修理にシフトしましたが

村上塁さんのオーダーメイド靴はあるのでしょうか


出典:https://www.taisetsujikan.com/?p=1372

「HUDSONS」という新しいブランドをスタートさせました

コンセプトは「post traditional modern」

伝統的な技術とモダンなものを融合し、

ひとつのデザインで152サイズあるパターンオーダーメイド靴です。


出典:https://www.taisetsujikan.com/?p=1372

革靴とスニーカーを合わせたような形で

サッカーのスパイクシューズのような形です。

そのスニーカーの原点を彷彿させるフォルムに、

最近多くのマラソン選手が注目している

カーボン材をソールに使用。

伝統と革新を織り交ぜたモデルとなっています。

 

革もカンガルーのようでそこもサッカースパイクと同じですね。

ソールに使用する歩行アシスト用カーボン材。

革製シューズでありながら、スニーカーのような

歩きやすさを実感できるそうです。

お値段はなんと21万円からだそうです。

欲しいけどお値段が高い。

いいものでしょうけど躊躇する価格ですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、2021年4月25日放送の

【情熱大陸】【大切な靴を直してみませんか? 思い出に光を灯す修理の世界】

と題して横浜最古参の靴店ともいわれる

「ハドソン靴店」の2代目店主・村上塁さん

について調べてきました。

村上さんの行動力と技術を極める姿に感銘を受けました。

 

靴の修理を出したいと思いました。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

テレビ番組
ぷーちゃんをフォローする
Poohchan’S Park

コメント

タイトルとURLをコピーしました