ぷーちゃんの子供が少年(学童)野球をやるメリット・デメリット

野球

こんにちはぷーちゃんです。

子供が野球を始めるにあたり、どのようなメリットがあるのか
またはデメリットがあるのか。

気になるところだと思います。

野球は大変だと聞くし、子供にとってメリットが少ないなら野球をやる意味がない!と考えている親御さんもいるのではないでしょうか。

子供の野球とサッカー両方経験したぷーちゃんが
野球の メリットデメリットをお伝えしようと 思います。

 

スポンサードリンク

 

子供が少年(学童)野球をやるメリット

子供が少年野球をやるメリットを順番にあげていきます。

 楽しい

野球自体は単純に楽しいです。これが一番の理由でメリットだと思います。
単純にボールを投げて打つだけで楽しいものです。
私が子供のころは、近所の子供たちでよく、野球をして遊んだものです。最近は公園でのボール遊びが禁止され、野球をして遊んでいる子を見かけなくなりました。さみしいものです。
野球チームに入ると思いっきりボールを投げて打つことができます。思いっきりやることでさらに楽しくなることでしょう。

 運動する機会ができる。体力がつく

運動することで体力がつきます。最近は外で遊ぶ場所や機会が少ないので、そもそも運動する機会が少ない子が多いです。野球をすることによって体力がつき、体も丈夫になります。
また、少年(学童)野球を始める最適な時期は何歳?ゴールデンエイジとは?の記事で書いたようにこの時期の子供がいろいろな運動や動きをやることにはメリットがあります。体を動かす神経回路ができるのがこの時期です。小学生の間に何かスポーツをすることは調整力を高めることに有効です。
高学年になるころには、運動をやっていることやっていない子では差が大きくなっています。野球をやっていると運動会で活躍できるようになるでしょう。

 

 

 チームスポーツにより協調性が身につく

野球はチームスポーツです。みんなと協力することや、個人ではできなかったこともみんなで力を合わせることによってできるようになります。相手を思いやり、時には自分の嫌なこともチームのため、みんなのためにがんばり、一つになって頑張ることを経験できます。
また、コミュニケーション能力を養うことができます。これから大きくなって社会へ出ても必要となる能力です。たくさんの子供たちや大人と接することで自然とできるようになっていくと思います。

 挨拶ができるようになる

野球を始めると挨拶ができるようになります。グラウンドに挨拶から始まり、声を出し練習することで自然とできるようになっていきます。近所の野球をやっている子は、良く大きな声で挨拶をしてくれます。私の子供も友達の家に遊びに行った際には、いつも「挨拶が出来てえらいね」とよく褒められていました。

 順番が回ってくる自分の時間がある

野球は、試合にでると順番に自分の打席が回ってきます。考えながらプレーする時間があります。ここが他の球技スポーツと違うところではないでしょうか。サッカーなら瞬時に判断してプレーをします。とっさの判断、瞬時に判断することが苦手なお子さんなら、事前にやることが確認できる野球をお勧めします。

スポンサードリンク

 

子供が少年(学童)野球をやるデメリット

子供が野球をやるデメリットをあげていきます。

 家族が野球中心になる

子供が少年野球チームに入ると野球中心の休日になりがちです。
特に高学年になり試合に出るようになると、毎週のように試合になります。試合も大会はトーナメントなので、勝てば次の日や翌週も試合があります。負けると試合がなくなり、予定が直前まで分りません。
練習もほとんどが1日朝から晩までやるチームが多いと思います。家族で旅行などなかなかいけません。野球好きのお父さんはいいですが、そうではないお父さん、お母さんや兄弟にはデメリットではないでしょうか。

 洗濯物が増える

子供が野球をすると洗濯物が増えます。どろんこのユニフォームや靴下など洗うのが大変です。下洗いをして泥汚れを落とし、洗濯することが必要で洗濯回数も増えます。お父さんも一緒に練習に行ったりするとさらに洗濯物が増えます。
高学年になると自分で洗えるように教えていきましょう。

 

 道具にお金がかかる

野球の道具は値段が高いです。
グラブなど良いものは少年用でも2万円位しますし、ビヨンドマックスなどのバットなどは4万円以上します。またスパイクなども消耗品で結構買い換えます。
グラブなどこだわるとどんどんハマっていきますので、ほどほどにするようにしましょう。
小学生の間はそんなに高価なクラブは必要ないと思います。きっちりメンテナンスすれば長持ちします。

 親の負担が大きい

ここが一番皆さんがデメリットと感じる部分ではないでしょうか。
デメリット1の野球中心になるに加え、高学年になるとお父さんは練習の手伝いや審判などの手伝いが必要です。土日が潰れます。審判などはごくまれに自分のチームが負けてしまっても当番だけ残っており、わざわざ審判だけのために試合に行くこともあります。
また、地元大会の場合は、試合会場の準備が必要です。試合会場への送迎やお茶当番などもあり、楽しんでできないと結構辛いです。

まとめ

今回は少年野球をやるメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

子供が少年野球をやると確かに親の負担はあります。しかし、子供が純粋に野球を楽しんでいる姿を見ると疲れが吹き飛びます。
今までできないことができたり、自分の子供が試合で活躍出来たら親としてもうれしいです。
一緒に楽しんで野球をできればきっとかけがえのない思い出ができることと思います。
ぜひ親子で野球を楽しんで下さい。

野球
ぷーちゃんをフォローする
Poohchan’S Park

コメント

タイトルとURLをコピーしました