タサン志麻(家政婦)の予約方法や仕事内容は?調理道具や料理の作り置きとは?【あさイチ】

テレビ番組

こんにちはぷーちゃんです。

今回は、『NHKあさイチ プレミアムトーク』や

「沸騰ワード10」『きょうの料理』に出演する

伝説の家政婦タサン志麻(たさんしま)さんについて

紹介していきます。

タサン志麻さんの予約方法や仕事内容

使用している調理道具や料理の作り置きとは

どんなものかなど調べていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

タサン志麻【伝説の家政婦】のプロフィール

出典:https://shima.themedia.jp/

名前 タサン志麻(たさんしま)
出身 山口県長門市
職業 家政婦
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業
ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、
老舗フレンチレストランなどに15年勤務
結婚を機に、フリーランスの家政婦として活動開始

出典:公式サイトより

タサン志麻【伝説の家政婦】の予約方法は?どこで受付している?

タサン志麻さんは現在、家政婦として働いています。

以前は、タスカジに登録していたようですが
現在は辞めてフリーランスで活動しているようです。

タサン志麻さんは予約殺到、日本一有名な家政婦だそうで
予約はわずか数分で、すぐに埋まっていたようです。

公式ホームページで予約方法等確認してみますと

最近は新規のお客様を取らず、リピーターのみの受付ようです。

利用したい人にとっては残念です。

スポンサードリンク

タサン志麻【伝説の家政婦】の仕事内容は?料理の作り置きとは?

タサン志麻さんは3時間で1週間分の料理15品ほど作って
くれるそうです。
その家にある材料を見て即興で作りあげるようです。
レストラン顔負けの本格フレンチから、和食、中華、デザートまで、
頭にあるバリエーションは600以上だそうです。
それで1万円弱はかなりリーズナブルです。
しかも3時間の間に料理を作るだけでなく、
片付けまでしてくれるのですごくありがたいと思います。
どうやったらそんなに手際よくできるのでしょうか?
しかも他人の家ですので台所の使い勝手の違うだろうし、
おいてある調味料なんかも違うと思うので
そこはプロの技なのでしょうか。
一度お願いしてみたいものです。

タサン志麻【伝説の家政婦】の調理道具は?調理器具は何を使っている?

タサン志麻さんはどんな調理道具を使っているのでしょうか?

志麻さんの自宅は築60年の古民家だそうです。
その古民家をDIYが得意なご主人のロマンさんが、
リフォームしているそうです。

効率アップがテーマの志麻さんのキッチンは、
使い勝手のいい物を最小限にしているそうです。

「コンロは2口で、段取りよく調理」
「据え置きの水切りかごはあえて置かず、ざるを代用」
「こまめに洗って、こまめに片づける」

のがポイントだそうです。

志麻さんによると、実は、狭いキッチンの方が効率がアップするという。

狭い方が動線が短いので、すぐ手が届くという。
さらに、狭いと段取りも工夫しようとする。

調理中に食材をカットしたり、洗い物や片づけもその都度やろう、
というふうにつながっていくので、結果、時短になるそうです。

 

志麻さんが愛用しているのは、料理人時代から
日本の調理刃物メーカー「Misono」の包丁だそうです。

忙しいときは小型のペティナイフを使うようです。
食材の9割はペティナイフで切れるようです。

まな板も小型のものを使用し、切った食材を
まな板ごとフライパンに運べるため便利で、
しかも洗うのが楽チンだそうです。

次にかかせないものは菜箸だそうです。

菜箸は万能で、混ぜる・ひっくり返す・炒めるが
これ一つででき、ホイッパ―やトング・フライ返しがいりません。

洗い物を少なくするのがポイントだそうです。

鍋は大小2つ揃っていることが大切だそうです。

写真から見るとティファールのフライパンや鍋を使っているようです。

貝印の千切り器もおすすめのようです。書籍などで紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

今回は、伝説の家政婦

タサン志麻(たさんしま)さんについて紹介してきました。

今後もおいしい料理を作り続ける

タサン志麻(たさんしま)さんの活躍に期待します。

 

テレビ番組
ぷーちゃんをフォローする
Poohchan’S Park

コメント

タイトルとURLをコピーしました