少年(学童)野球チームのお茶当番とは。必要性や仕事内容をぷーちゃんが伝えます

野球

こんにちは、ぷーちゃんです。

今回は、少年野球・学童野球のお茶当番について、
ぷーちゃんの考えをお伝えしたいと思います。

MLBのタンパベイ・レイズで活躍する筒香嘉智外野手も
お茶当番について問題提起されています。

筒香選手には、少年野球をするお母さんからの手紙が多く届くそうです。

保護者の負担となるお茶当番は、野球離れの原因のひとつとされています。

実際、お茶当番が大変で子供に野球をさせるのをためらったり、
やめさせる親も多いと聞きます。

少年野球と少年サッカー両方の保護者を経験した
ぷーちゃんが、実情をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

少年(学童)野球チームのお茶当番とは何をするの?

 

お茶当番は、文字通りお茶を用意する。当番です。

 

朝、お茶道具の準備
ジャグにお茶とスポーツドリンク
夏場は氷、おしぼり、冬はお湯の用意
監督・コーチのお昼ご飯の弁当の手配
コップなどの片付け、洗い物
子供の水筒のお茶の補充
来客や保護者・コーチへのコーヒーやお茶出し

 

などなど雑務全般。

その他、具合が悪くなった子やけがをした子の
応急手当や看病など救護班の役割も担います。

ぷーちゃんのチームは3班体制で5・6年生の保護者
(お母さん)で回していました。

土日の練習の初めから最後まで、基本一日中が当番となっていました。

 

少年(学童)野球チームのお茶当番の役割は?

 

もともとは野球に付き添う保護者や監督・コーチが
快適に過ごすために始まったものではないでしょうか。

ボランティアでやっている監督やコーチにお礼の意味を
込めて、お茶を出したり、弁当を出したりしていったのだと思います。

 

当番にすることで、練習に保護者が来る機会になる。
練習をみることで子供の成長を保護者に実感してもらえる。
みてくれる保護者がいるので安心して子供を預けられる。

 

という意見の一方

 

そもそも土日が仕事で当番に出られない。
平日仕事をしているので、買い物や掃除などの家事を
土日にしないといけない。
土日両方がつぶれると困る。
合わない保護者がいて人間関係に疲れる

 

といった意見もあります。

大事なのは、一方的に決めつけるのではなく、
お互い協力して助け合うことだと思います。

みんなができることをお互い助け合えれば、理想だと思います。

現実はなかなか不平不満や権利だけを主張する人もいて、難しいと思いますが。

 

スポンサードリンク

少年(学童)野球チームのお茶当番は必要か?

 

ぷーちゃんは、このお茶当番は必要ないと考えています。

お茶くらい自分で持ってきたらいいし、なぜ必要なのか。

これが嫌で子供に野球をやめさせる親が多いとも聞きます。

ましてや女の人が中心でのお茶当番は、時代錯誤もいいところだと思います。
お茶当番のために、一日中、暑い中や寒い中、練習を見る必要はないと思います。

時間のあるお母さんは、どんな練習をしているのか、
子供の様子や成長など見てもらうのは良いことだと思います。

お茶がなくなるなら大きい水筒にすればよいし、
チームのお茶が必要なら、ドリンクバー形式の
セルフサービスにすればもう少し、負担が軽くなる
と思います。

そもそも練習時間が長いからお茶が足りなくなる。

最近の夏は暑く、スポーツを長時間する環境ではない
ので練習時間を短縮すれば良いと思います。

そうすれば、勉強や家族の時間も作れるのではないのでしょうか。

練習が少なくて物足りない子は各自、自主練習にすれば
もう少し自ら考えて楽しんで野球に取り組めるのではないでしょうか。

 

サッカーチームの場合

 

ぷーちゃんの下の子供はサッカーをやっていました。

サッカーチームでも試合に行くと
お茶当番らしきものがあるチームもありました。

ぷーちゃんのチームはお茶当番はもちろん車出しもありませんでした。

試合でも現地集合、現地解散です。

親が送迎できない場合は、コーチの車に自費で乗合か
個人的に他の保護者と協力して乗り合わせていました。

泊りの試合でもコーチがバスで運転していってくれることもあります。
基本自分のことは自分で、子供たちにやらせていました。
洗濯も自分たちです。 親は世話をしませんでした。
試合に応援に行くだけです。

それでもチームは回っていましたよ。

 

まとめ

 

今回は、少年野球のお茶当番についてお伝えしてきました。

大事なことは、多様性を認めることだと思います。
いろんな人がいて、お互いそれぞれの事情があります。
自分の価値観だけで決めつけるのではなく、
お互い協力して助け合い、気持ちの良い方向
向くのが大切だと思います。

みんなができることをお互い助け合えれば、理想だと思います。

野球を頑張っているわが子と一緒に少年野球を楽しみましょう。

野球
ぷーちゃんをフォローする
Poohchan’S Park

コメント

タイトルとURLをコピーしました